ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

【学生支援事業】学生によるSDGs動画を作成しました[2020年5月19日]

学生支援事業部会では、「SDGsにかかる取組の推進」を2019年度のメインテーマに、県内大学の学生により組織される学生委員会と連携し、持続可能な社会を実現する活動やアイデアを表現する動画制作事業を実施しました。

 滋賀県内の13大学から選出された学生および教職員でチームを編成し、株式会社TREE様の協力を得て、レクチャー、ワークショップ、企画会議、動画撮影、試写・批評会を経て、4本の動画が完成しました。

1.住み続けられるまちづくりを 滋賀県大津市「仰木の里」
2.飢餓をゼロに
3.みんなのSDGs目標2「飢餓をゼロに」飢餓のない世界を
4.滋賀のお茶「政所茶」


 完成した作品は、11月16日に滋賀県立大学において実施された滋賀県立大学主催「キャンパスSDGsびわ湖大会」の動画コンテスト部門に出展し、「滋賀のお茶『政所茶』」が動画部門賞を受賞しました。また、11月30日に彦根市保健福祉センターにおいて実施した、環びわ湖大学・地域コンソーシアム主催「大学地域交流フェスタ」で発表しました。

1.住み続けられるまちづくりを 滋賀県大津市「仰木の里」


2.飢餓をゼロに


3.みんなのSDGs目標2「飢餓をゼロに」飢餓のない世界を


4.滋賀のお茶「政所茶」