ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

【単位互換事業】大学連携型PBL科目「おうみ学生未来塾(湖西)」を実施しました[2018年11月27日]添付ファイル

8月28〜31日の4日間、集中講座日程により大学連携型PBL科目「おうみ学生未来塾(湖西)」(近江学B/地域を知ることの大切さを学ぶ)を行いました。
 伝統的な風習を残す地域を積極的に検証することで、21世紀に息づく普遍的な価値観を身につけ、自らの作品制作や未来の生活に活かすことを目的としました。
 受講生は、大津市の中心市街地をフィールドワークしながら、地域の人々との交流の中で地域文化を体感し、歴史的資源を活かした持続可能な活性化の取り組みをグループで考えました。最終日には大津市中心市街地が抱える問題点を整理し、未来のあるべき姿を提案、発表しました。

〇開催概要
≪日程≫ 2018年8月28日(火)〜31日(金)

≪場所≫ 成安造形大学本館棟021教室 他

≪講師≫
成安造形大学芸術学部准教授 加藤賢治、客員教授 仁連孝昭

≪受講生≫ 28名 (成安造形大学:25名 立命館大学3名)

詳しい内容につきましては、添付ファイルをご参照ください。