ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

【単位互換事業】大学連携型PBL科目「おうみ学生未来塾(湖東)」を実施しました[2018年10月23日]添付ファイル

8月17〜19日の3日間、集中講座日程により大学連携型PBL科目「おうみ学生未来塾(湖東)」(「地域デザインA/地域再生システム論・特論」)を行いました。
 受講生は、地域でのフィールドワークを通して対象地域の課題を把握し、ワークショップでそれを解決するための事業提案を作り上げます。本年度は、長浜市鍛冶屋、彦根市荒神山、東近江市八日市中心市街地、竜王町鵜川の4地区に協力を得て、各地域でまちづくりに携わる方に現地サポートを依頼しました。

〇開催概要
≪日時≫ 2018年8月17日(金)〜19日(日) 9:00-18:00

≪場所≫ 滋賀県立大学A4棟教室他

≪講師≫
滋賀県立大学地域共生センター:
 准教授 鵜飼修、助教 上田洋平、特任職員 谷口嘉之
ゲスト講師:吉井隆、田中光一

≪受講生≫ 22名
 (近江環人地域再生学座生:6名、本学学生:9名、
  立命館大学学生:7名)

詳しい内容につきましては、添付ファイルをご参照ください。