ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

平成28年度第1回総会(通常総会)および滋賀県知事との意見交換会を開催しました[2016年7月6日]

平成28年6月24日(金)午後3時00分から、当コンソーシアム会議室において、平成28年度第1回総会を開催しました。
 議事では、第1号議案「平成27年度事業報告案」が池田代表幹事から説明・提案され、審議の結果、承認されました。引き続き、第2号議案「平成27年度収支決算案」が堀部事務局長から説明・提案され、審議の結果、承認されました。次に第3号議案定款の変更について池田代表幹事から提案があり、定款第4条の事業について内容変更が承認されました。なお、今後の活動活発化を目指して、学生のイニシアティブ提案の募集やグローバル分野での学生ニーズへの対応、遠隔授業等への対応の検討などが提案され、幹事会で議論してゆくことになりました。
 総会終了後、三日月滋賀県知事と出席された大学および短期大学の学長、副学長とで、「豊かな滋賀づくり総合戦略の推進に向けた大学等と滋賀県の連携のあり方」をテーマに、意見交換会を開催しました。滋賀県知事からは、昨年策定された総合戦略の実践段階での大学等との連携をさらに進めていきたいと挨拶されました。
 その後、卒業生の地域定着率の向上をめざす課題として、奨学金を活用した支援や課題解決型インターンシップの受入先開拓、ソーシャルビジネスの起業などに意欲のある学生の背中を押す支援、若い社会人への起業促進プログラムの必要性、企業との働き方改革教育の推進、大学生に対するライフプラン教育の推進、学生に対して滋賀で生きる人生設計のモデルをいかに多様に提案できるかなどが提起され、これらの課題に対して大学と滋賀県がどう具体的に取り組むか引き続き議論し、実現をめざすこととなりました。