ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

【募集】リレー・フォー・ライフ・ジャパン/カレッジ・リレー学生スタッフ募集について[2016年2月26日]

滋賀医科大学では、このたび、がん患者とその家族を支援するチャリティ活動であるリレー・フォー・ライフを、学生が中心となり学生運営により開催する予定としております。
 学生達は、環びわ湖大学・地域コンソーシアムに在学する学生にも、スタッフとして協力を募りたいとの希望を持っております。
 つきましては、以下に、カレッジ・リレー学生スタッフの募集案内を紹介しますので、興味や関心を持たれた学生の皆様は、代表にご連絡いただきますようお願いします。

滋賀医科大学 副学長 堀池 喜八郎

― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・ − ・ ― ・

私たちは滋賀医科大学のカレッジ・リレーの実行委員会です。
環びわ湖大学の学生の皆様、私たちと一緒にカレッジ・リレーを企画・運営しませんか?

リレー・フォー・ライフ(以下RFL)とはがん患者さんやそのご家族を支援するためのチャリティ活動で、2015年度は全国47ヵ所で開催されました!
これまで滋賀県では、「RFLジャパンしが」として2014年から開催されてきましたが、滋賀県の学生達の若い力で患者支援したいという声が高まり、ついに学生運営によるRFL「カレッジ・リレー」を、2016年10月滋賀医科大学での開催に向けて始動しました!
学生達の力だけでRFLを行うこと、これは日本で初めての試みになります。この日本初の意義深い活動を成功させるために、滋賀医大の学生だけでなく、環びわ湖大学の活気あふれる学生の皆様の力が必要なのです!

【カレッジ・リレーの活動内容(抜粋)】
●夜通し続くリレーウォーク
 RFLの参加者がチームを作り、たすきをつないでトラックを24時間歩き続ける。
 「がん患者は24時間がんと闘っている」という想いを共有し、共に語らうことで生きる希望と勇気を生み出したいという、RFLのメインイベント。
●ルミナリエセレモニー
 がんで亡くなった方への追悼や闘病中の方への励ましのメッセージをキャンドルの光で照らして浮かび上がらせるイベント。
●ステージイベント(セミナー、講演会、ダンス、歌など)
●がん啓発活動(クイズ、パネル、無料がん検診など)
●募金活動、グッズ販売
 (寄付や販売の利益は日本対がん協会を通じてがん患者支援に使われます)

上記以外にも、学生同士でアイディアを出し合って学生ならではの企画を作りましょう!

「カレッジ・リレー」は医療系の学生だけでなく、滋賀県全ての学生に参加して頂きたいチャリティ活動です!
皆さん一人一人の想いと若い力が、がん患者さんへの励ましや希望となり、滋賀県全体でがん征圧に取り組む第一歩となります。

○ リレー・フォー・ライフについて詳しくはこちらをご覧下さい
http://relayforlife.jp/

○ 少しでも興味を持たれた方、またご質問がある方は以下のアドレスにご連絡下さい。
皆様のご参加をお待ちしています!

カレッジ・リレー2016 しが 代表:西 明博(滋賀医科大学医学科5年生)
代表アドレス:rflshiga.college(あっとまーく)gmail.com
※送付時は、アドレスの(あっとまーく)を@に変換してください。