ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

「滋賀・びわ湖ブランド展」開催―学生がステージイベントで若さとパワーにあふれた情報発信![2014年11月10日]

龍谷大学 学友会 学術文化局    吹奏楽部

龍谷大学 学友会 学術文化局    マンドリンオーケストラ

立命館大学 アカペラサークル   Song-genics たいじろとーん2

立命館大学 カラーガードサークル    LUSTER

立命館大学 アカペラサークル   Song-genics はれいつもぶた

11月8日(土)、9日(日)の2日間、“湖の恵みの土地らしさ” をコンセプトに、JR大阪駅「旧砂時計の広場」及び「南ゲート広場」を会場として、滋賀・びわ湖ブランド展が開催されました。このイベントは、滋賀・びわ湖ブランドネットワークの主催により、昨年に引き続き、滋賀のブランド力強化の取り組みの一環として滋賀の魅力を京阪神に向けて情報発信するため開催したものです。
 今年はJR大阪駅の非常に人通りの多い場所を会場として使用したので、昨年以上に多くの方が来場され、各コーナーを見学されたり、滋賀の特産品などを購入されていました。

<滋賀・びわ湖ブランド展の概要>
琵琶湖の恵みを受け、共に生きてきた滋賀県に培われた様々な魅力を物産、展示、ステージイベント等により紹介。
(1) 物販コーナー
 「湖の恵みの土地らしさ」を感じられる、琵琶湖と周囲の環境によって育まれた食などの販売
(2) 観光PRコーナー
 7つの地域観光振興協議会による観光PRポスターやパンフレット等の展示
(3)ブランディングコーナー
 「空から見た琵琶湖」など移動博物館キットや、県内の様々なブランド情報を発信
(4)実演コーナー
 滋賀に息づく伝統工芸を実演。麻の繊維からの糸作り実演・展示や、仏壇の木地の実演・販売
(5)PRステージコーナー
 学生によるステージ、三日月知事と服部滋樹氏(滋賀県ブランディングディレクター)とのトークショー、JR大阪駅屋上「天空の農園」で収穫された近江米「滋賀羽二重糯」を使った餅つきアトラクションなど。

 PRステージコーナーの学生企画では、龍谷大学から2団体、立命館大学から3団体が出演しました。出演した学生団体は、日頃の練習成果を発揮して若さとパワーにあふれた元気いっぱいのパフォーマンスを繰り広げ、見学に来られた多くの方に滋賀の魅力をアピールするとともに、是非滋賀にお越しください、と呼びかけました。

【出演した学生団体】
♪11月8日(土)
○龍谷大学 学友会 学術文化局 吹奏楽部
○龍谷大学 学友会 学術文化局 マンドリンオーケストラ
○立命館大学 アカペラサークル Song-genics たいじろとーん2

♪11月9日
○立命館大学 カラーガードサークル LUSTER
○立命館大学 アカペラサークル Song-genics はれいつもぶた