ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

【就職支援事業委員会】ミニインターンシップ・就活マナー研修を実施しました[2014年9月19日]

平成26年9月10日(水)午前10時30分から午後4時まで、草津市の『ホテルボストンプラザ草津』において、ミニインターンシップ・就活マナー研修を実施しました。この企画は、学生の就職活動をより効果的にサポートする企画の一環として、今年度初めて実施したものです。各大学から43名の学生が参加し、マナー研修や就活に向けた実践的研修を通して、多くのことを学ぶことができました。実施概要は以下の通りです。
≪就活マナー研修≫
 午前10時から12時まで、就活マナー研修を実施しました。講師は名古屋市在住で、明るく、そして厳しく指導することをモットーとして、これまで豊富な研修実績を有する内面開発デザイナーの渡邉智子氏にお願いしました。 渡邉氏は、(1)就活におけるマナーの重要性、(2)決め手は『印象力』であるとし、第一印象を見直すことの重要性、身だしなみのチェック、挨拶と基本動作、正しい言葉遣い、(3)就活に対する取り組み方や行動目標の立て方などについて、ポイントがわかるよう丁寧に分かりやすく説明・指導していただきました。
≪ミニインターンシップ≫
 午後1時から4時まで、「ミニインターンシップ」を実施しました。この企画には、以下の5社の企業に参加・協力していただきました。
参加企業:
株式会社 たねや、株式会社 日吉、株式会社 平和堂、滋賀特機株式会社、新江州株式会社
 この「ミニインターンシップ」は、参加した学生や企業が「お互いを知る」機会を通じて双方がメリットを享受できるようなプログラムに基づいて実施しました。
 参加した学生は、テーマとして設定された「滋賀の優良企業の採用ホームページを作ろう!」(ポスターセッション)に取り組むため、大学の枠を超えて6チームに分かれて、参加した企業を回って特徴や魅力などについて聞き取り取材を行い、各企業の採用ホームページを作成しました。その後学生によるポスターセッションが行われ、参加した学生、企業、スタッフの投票により最も優れたチームを選びました。
 今回初めて実施した企画については、参加した学生や企業から大変参考になった、との感想が寄せられるなど、概ね好評であり、成功裏に終了することができました。今後、企画内容を更に充実させるよう検討を行う予定です。