ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

第4回規格標準化公開講座を実施しました![2014年4月8日]

3月14日(金)午後2時から4時まで、当コンソーシアム会議室において、規格標準化公開講座シリーズの最終回となる第4回公開講座を開催しました。当日は、名古屋大学知財・技術移転グループ教授の後藤吉正氏を講師にお迎えし、「グローバル競争で勝つための標準化と特許戦略」と題して講演していただきました。
 後藤氏は、「国際標準化+知的財産はグローバル競争力を生むか?」をキーワードに、国際標準化、知的財産、競争力との関係をわかりやすい事例を紹介しながら説明されました。
 最初に標準化とは何かについて説明されたうえで、標準化の経済効果として、新規市場を創出する効果など4点にわたり説明。続いて、標準化と知的財産との関係について説明した後、標準化・知的財産を使う高収益ビジネスモデルとして、標準化する技術の範囲、企業が取り組んでいる知的財産戦略の事例、戦略的知財マネジメントなどについて詳細な説明がありました。
講演終了後も参加者から、取り組みにあたって留意する点や成功事例などについて熱心な質問が相次ぐなど、関心の高さがみられました。なお、講座には企業などから15名が参加。