ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と県・6つの市・経済団体が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

お知らせ

【就職支援事業】就職支援特別講演会を開催しました![2014年3月12日]

平成26年3月11日(火)午後1時から3時まで、『大学サテライト・プラザ彦根(アルプラザ彦根6階)』において、環びわ湖大学・地域コンソーシアムの主催による就職支援特別講演会を開催しました。この講演会は、現在就職活動を行っている3年生・大学院生はもちろん、将来の就職活動を見据えて、1・2年生の学生にも役立つよう、実践的内容を盛り込んだ企画としてこの時期初めて実施したものです。講演会には県内各大学から30名超の学生・教職員が参加しました。
 講演会の講師はシンク・アンド・アクト株式会社代表取締役の杉村泰宏氏にお願いし、「内定もらえる人・もらえない人〜企業が求める人材となるために〜」というテーマでお話をしていただきました。杉村氏はモルガンスタンンレー証券を経て2009年に人材育成を中心とした企業を設立。その後、大手企業の採用支援や人材育成事業を行う一方、京都市などで低年次から既卒者の就職支援、行政の人材育成支援など幅広く取り組んでおられます。
 杉村氏はこうした自らの経験をふまえ、就職活動をする際の留意点として、自己分析や自己アピールの仕方、就職面接やエントリーシート記入時のポイント、中小企業を含め幅広く業種・業界研究をすること、厳しい状況に直面した時にどう行動するかなど、実践的に役立つ有意義なお話やアドバイスをしていただきました。講演終了後も参加した学生から質問が続き、予定時間を30分延長して終了しました。
 参加した学生からは、「就職に関してぼんやりとしたイメージが、くっきり見えるようになった」、「これまでいろいろ不安があり悩んでいたが、今日から意識を変え、自ら行動して自分を変えるようにしたい」、「今後の就活に役立つことばかりで、充実した時間でした」など、これからの就職活動に意欲を持って取り組みたい、などという感想が多く寄せられました。