ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と5つの市・県が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

学生支援事業部会

今年度の学生支援事業は、昨年度に引き続きSDGs(国連「持続可能な開発目標」)をメインテーマと位置づけ、これまでの活動をより発展した大学間連携事業等を実施します。実施に当たっては、昨年度構築したSDGsにかかるネットワークを活用し、大学間連携事業の実施などさらなる取組の充実・深化を図りたい。

1.コンセプト

学生による滋賀のSDGsや地域の魅力の発信

2.目的

1.地域の人々と交流を通して地域を理解する。
 2.国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)を始めとする国際的な課題について学ぶ。
 3.学生が大学の垣根を越えて交流・学習する。
 4.琵琶湖だけではない滋賀の奥深い魅力を発信する。
 5.事業の取り組み、成果を幅広い層に発信する。
 6.プロジェクトでの取り組みを通じて、学生の学びと成長に寄与する。

3.活動内容

滋賀県の13大学から選出された学生および教職員でチームを編成し、県内のSDGsの取組やSDGsを切り口とした滋賀の魅力を発信するための動画コンテンツを制作します。
動画の制作は、参加学生と各大学の教職員、映像制作会社が協働で行い、完成した「滋賀のSDGs・PR動画」は、環びわ湖大学・地域コンソーシアム等のホームページに掲載し、事業の成果物として発信します。

過去の活動

2017年度 滋賀県魅力PR動画






2016度 滋賀県魅力PR動画






2015年度 滋賀県魅力発信ポスター






2014年度 冊子「あたしが」