ページの先頭です

琵琶湖を取り巻く13の大学と5つの市・県が相互に連携し、滋賀にある大学として存在感のある個性輝く大学づくりを目指すとともに、地域社会の発展に貢献します。

ここから本文です

就職支援事業部会

 就職支援事業委員会は、地元滋賀県の地の利を活かし、就職支援に特化した委員会として、平成22年度に発足しました。学生への就職支援、大学職員間の情報交換、並びに県内行政機関・県内経済団体、県内企業との連携等を目的として活動しています。
平成27年度は、以下の5つの事業を実施します。

1.学生の就職に直結する事業

合同企業説明会

 行政機関、経済団体等と協力し、滋賀県内の優良企業を広く学生に認知を促すとともに、より多くのマッチングを実現するために「合同企業説明会」を実施します。
実施にあたっては、学生にとって魅力ある行事を目指し、平成27年度同様、県・市・経済団体等が開催する合同企業説明会に共催・協力として取り組みます。

2.学生の就職準備に関する事業

学生の就職準備として、就職年次生だけではなく低年次生にも地元企業の魅力に触れる機会を創出することを目的とし平成24年度から開始した事業です。企画内容については、滋賀県中小企業団体中央会と協議し決定します。

3.大学就職担当者と企業人事採用担当者との情報交換事業

年々変化する就職状況。このような状況の中、地元優良企業への採用と定着を踏まえ、経済2団体(滋賀経済産業協会、滋賀県中小企業団体中央会)を通じて企業人事採用担当者と加盟大学就職担当者との情報交換を行い、学生の就職支援に繋げることを目的として開催します。特に、平成28年度は、加盟大学の個々の特長を鑑み、特質ある情報交換会の開催を行います。

4.大学就職担当者間の情報交換事業

 平成27年度は民間企業の採用活動スケジュールの変更に伴い、学生の就職活動が全体として長期化する結果となりました。平成28年度は、採用活動開始時期が再見直しされることに伴い、各大学の学生就職支援策は、平成27年度の検証を充分に行い平成28年度実施案を作成することが必要となります。そこで、加盟大学の就職担当者間で連携を密に取り、各大学の就職率の向上と地元優良企業への定着を図ることを目的として、大学就職担当者研修として情報交換会を開催します。

5.行政機関との連携事業

具体的な事業計画については、各行政機関との調整のうえ決定します。